注文住宅で初心者が失敗しないために知っておきたい知識やコツを分かりやすく紹介

当サイトは注文住宅で初心者が失敗しないために知っておきたい知識やコツを分かりやすく紹介しています。

初めてオーダーメイドの住宅を建てるという場合にお勧めの情報となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

注文建築の住宅で失敗しないために知っておくべきことを押さえておけば、成功に近づけることが期待できます。

注文建築の住宅の間取りに関する失敗例にも触れているので、ありがちな間違いを知って同じわだちを踏まないようにするのがおすすめです。

注文住宅で初心者が失敗しないために知っておきたい知識やコツを分かりやすく紹介

家事がしやすい広いキッチンや家族の人数に合った部屋など、注文住宅を建てるときに希望のイメージを持つことは大切です。

しかし初心者が注文住宅の家で失敗しないためにはいくつかのポイントを押さえておくことをお勧めします。

その1つは収納に関するもので、実際に建ててみると収納したい物が入らなかったり、片付けにくかったりすることがあるので注意が必要です。

また部屋の広さも、広すぎても使いづらくなることがあるほか室温調整が難しくなることがあるのでよく検討するのが大事です。

注文住宅を建てる際の一般的なスケジュール

注文住宅のスケジュールは、すでに土地を所有しているかどうかで段取りが異なります。

土地探しから始める場合の一般的なスケジュールを確認しておきましょう。

まずは注文住宅に入居したい時期を明確にすることがポイントになります。

土地探しは、入居日から逆算して1年くらい前に始める必要があるのです。

予算や坪数だけでなく、最寄駅までの徒歩時間や商業施設の配置なども考慮しながら土地を選ばなくてはなりません。

土地が決まって住宅メーカーに依頼し間取りを決めるのは、入居日の約10カ月前になります。

間取りが決まると注文住宅の見積額が提示されますので、住宅ローンを組む場合は、金融機関に仮審査を申し込みましょう。

正確な住宅価格がわからなくても概算の見積書があれば、金融機関は大幅な融資額を決めてくれます。

そしてローンの本審査を通過することができると、いよいよ工事が始まるのです。

一般的には工事が始まって注文住宅が完成するまでに、約3~6カ月かかります。

作業員の人数によって段取りが変わることもあるので、注意が必要です。

注文住宅で見積りをする際のチェックポイント

これから注文住宅を検討してる方の中には、業者選びで迷っているケースもあるはずです。

注文住宅に求めることは施主ごとに様々ですが、自分たちの条件やニーズに見合った業者を選ばないと、理想的な住まいを実現するのは難しいでしょう。

そこで業者選びの基本となるのが、必ず複数の業者に見積りを依頼することです。

取り寄せた見積りの内容を見比べながら、どの業者が自分たちの条件や要望にマッチしているのか、しっかりとチェックして絞り込みます。

その際にはまず、住宅の基礎や構造、あるいは工事会社の人件費などが、家の本体価格にどれだけかかているのか、詳しく見ていきます。

次にガスや給排水にかかる付帯工事費、さらに注文住宅のデザイン料や税金あるいは事務手数料といった諸費用についても、丁寧にチェックします。

もし少しでも疑問があれば、見積もりの業者に速やかに質問や相談をしましょう。

後でトラブルにならないためにも、疑問や不安を放置しないことが、重要なポイントになります。

注文住宅を建てるときに必要な自己資金はどれくらい?

多く方が将来の目標として憧れるのが注文住宅であり、今では建て売り住宅などの少し安価な物が主流となっていますが、やっぱり土地を購入してそこに立派な家を建てるというのは、将来の大きな目標となることであることに変わりありません。

そのような中で、注文住宅を建てる場合には、どれだけの自己資金が必要なのか悩んでいる方も多いでしょう。

自己資金がどれだけあっても困ることはないので、あるに越した事はありませんが実は資金が全く無くても家を持つことは可能です。

すべての金額を住宅ローンで借りることとなりますが、銀行側が貸してくれるのであれば、家の購入に支障無いのです。

ただ、低金利時代と言われている昨今にあっても、全てをフルローンにするのは気が引けるという方もいると思います。

そのような方は、諸費用分の数百万円は持っておくと良いでしょう。

そうすることで、資金管理がしやすくなるからです。

住宅ローン減税等もあるので、一気に支払おうと思わない方が実は得策です。

注文住宅の購入時における住宅ローンの流れ

注文住宅を手に入れる際に、ほとんどの人は金融機関の住宅ローンを利用して必要な資金を賄います。

注文住宅を建てるための土地を決め、申し込みたい金融機関を決めたら、担当者に相談して事前審査に申し込みます。

これを通過することができれば、本審査への申し込みが可能になるので、土地の売買契約が締結されるまでのタイミングで申し込んで承認を受けます。

申請書類は、本審査の方がたくさん必要になるので、タイミングが遅れないように計画的に準備をしましょう。

住宅ローンは完成済みの土地や建物を担保とするため、両方が揃っていない段階では融資が実行されないのが一般的です。

建物の工事期間中に発生する費用は、つなぎ融資の仕組みをつかって支払います。

注文住宅が完成し、金融機関内で引き渡しの手続きをする際に融資が実行され、つなぎ融資の一括返済と未払いの代金の決済をして全ての支払いが完了となります。

あとは、契約で設定された期間、借り入れたお金を少しずつ返済していくだけです。

注文住宅で失敗しないために知っておくべきこと

注文住宅で失敗しないためには、自分の生活スタイルに合っているかどうか・イメージを膨らませるためにさまざまな情報を知っておくことが大切になってきます。

どんなに予算をかけて家を建てたとしても、自分の生活スタイルに合っていなければ満足度は下がってしまいますし、憧ればかりが強すぎると他所行きの家づくりになってしまう懸念も生まれてしまいます。

注文住宅で失敗のリスクを少なくするためには、さまざまな情報を収集することから始めるのがおすすめで、実際にどんな家があるのか少しでも把握しておいた方がアイデアの幅も広がっていきます。

インターネットや雑誌で住まいの情報を調べたり、モデルルームに足を運ぶことはもちろん、近隣の家を散歩しながら観察して調べてみるのもおすすめのやり方といえます。

理想を持ちながらも最初の段階でしっかりと予算をプランニングし、計画を立てていく中で夢が膨らんでいったとしても予算には限りがあるので、理想と現実のバランスを考えた上で住まいづくりを行っていくことが大切になります。

注文住宅で家を新築する際に大切な事のひとつに自然災害に対する強度もある

注文住宅で家を建築する時に打ち合わせ通りに工事がされているかは、施主が確認すべき大きなポイントのひとつになります。
しかし、その打ち合わせの段階で住宅メーカーの担当者にも、時間を長くかけてでも確認し相談しなければならない事も別途あります。
それは、快適に生活できる間取りになっているかだけではなく、いつ発生するか想定できない自然災害に対する建物の強度になります。
もちろん災害と言えるものの中には火災等の、まさに人災と言えることもあるでしょう。
そのような状況への対応は建築基準法に基づいた設計を行えば、少なくとも避難等に備えることは出来る事になります。
ただ、台風や地震等であれば通常の建築方法以上に、強度を高める技術は確立されてきています。
特に日本は世界でも有数の地震大国でもありますので、揺れに対応する建築方法は相当に対応できる基準も明確に出されているのです。
これは基本的な構造による相違はあっても、注文住宅であれば可能な対応になりますので施主が行うべき重要な役割りのひとつになるのです。

注文住宅を建てる方は完成後の生活で節水能力を高める手段はあります

注文住宅を建てる方は、省エネ設計の住宅にする方も増加しており、主に太陽光発電やオール電化などは人気があります。
一方で節電はできても節水能力が低い場合は負担を感じることになるので、注文住宅で建築するにはいくつかの設備を整えることは後に家計の負担を軽くできます。
トイレは既に全てのメーカー品が節水型トイレになるので問題はありませんが、浴室は保温性能が十分にあるユニットバスを採用することで湯船が浅くても水の消費を軽減することが可能になります。
浴室では残り湯を洗濯用に再利用する方も多いのですが、この場合は浴室と洗濯機の設置場所を近くすることで簡単に残り湯を使うことができるようになります。
キッチンの場合は、蛇口にこだわって水を大量に使わない新機種を使うと万全です。
屋外側でも貯水タンクを設置する方法もあり、この場合は雨降りの日に雨樋から流れ落ちる雨水を溜める方法になり、専用の貯水タンクは一般的に市販されているので難しい方法ではなく、家庭菜園やガーデニング用として簡単に使うことができます。

優秀な設計士がいるところなら注文住宅も安心

注文住宅の最大のメリットは、自分達の好きなようにできるという点です。
分譲住宅はある程度企画が決められていますし、すでに出来上がっている物を購入するというパターンも有ります。
そのため希望があったとしてもオプションが間に合うようであれば入れることが出来るとしても、大まかな所はいじることが出来ないです。
満足度は完成した時に注文住宅の方が大きくなることが多いですし、選ぶ価値はあるでしょう。
その分1から決めていかなければならないことも多々ありますので、迷う事や考えてしまうことも多いにありますがそれも楽しんでいくことが大事です。
家の設計は基盤となる事ですし、これが1番のかなめと言っても過言ではありません。
そこで優秀な設計士がいるところに依頼する事をお勧めします。
デザイナーズのような注文住宅を希望するようであれば、人気のある設計士がいるところを選んでいくと間違いはありません。
予算も関係してきますのでまずはリサーチです。

注文住宅を建てたいなら同時進行で土地探しをしよう

注文住宅は多くの人にとって夢であり、一生に一回の買い物になります。
夢のマイホームでの理想の暮らしを手に入れるために、資金シミュレーションをして、返済計画を立て、予算とにらめっこしながら、間取りやデザインを考えます。
とても大変ですが、家が出来上がった時の感動は他とは比べ物になりますし、そこでの生活はとても素晴らしいものになるでしょう。
注文住宅を建てる際に、家のことばかり考えがちですが、建てる場所も大切です。
ある程度のお金を出せば、理想通りのデザインになる住宅と違い、土地探しは空いている場所がなければ、自分たちの希望の家が建たないからです。
坪数が足りなければ家を小さくする必要があり、また駅から遠い場所しかないならば、通勤や買い物などの方法を考える必要が出てきます。
また、条件の良い位置だとすぐ売れてしまったり、通常より高額で予算内に収まらないなど、意外にも土地探しには労力がかかるので、家の間取りを相談しながら同時進行で探していきましょう。

より細かい部分まで要求を伝えられる工務店の注文住宅

工務店で行われる注文住宅が多くの人から高い評価を得ているのは、非常に細かい部分までクライアントから指示を伝えることができるという点が挙げられます。
通常、注文住宅とはいっても業者側からある程度のブランか決められていることが大半です。
その中から、どういった方向性でクライアントの要求を組み込んでいくのかということを考えていくことが非常に重要です。
一方で、工務店の場合は文字通り全く何もない状況から設計を行っていくことが可能です。
例えば、自分でデザインを決めてその通りに建設ができないかということを相談することもできます。
専門の設計士や職人が在籍していることが多く、その人たちに対して自分がイメージしていることを伝えていけばそれを間取りや設計上の形として出してくれます。
こういった話し合いを継続していく中で、より良い住宅を実現できるのが注文住宅の最大のメリットといえます。
もちろん、予算に関する制限はありますがそういった中で最大限に理想を実現するためのイメージを出してくれますので非常に高い評価を得ています。